関東生まれ関東育ちの人は、地方に行った時にテレビを付けると、馴染みのないチャンネルに戸惑う事が多いと思います。日本のテレビ局は法律でエリアごとに放映権が分断されおり、日本テレビやTBSなど東京にあるテレビ局は関東県域しか放送権を持たず、別エリアでは異なるテレビ局が存在します。しかし、だからといってじゃあエリアごとに番組も全然異なるかというとそうではなく、在京の民放テレビ局(キー局)の系列局が各エリアに存在し、キー局と同じような番組を流していることがほとんどです。今回は、キー局とその系列に所属するローカル局について解説します。

① 日本のテレビ局(キー局と系列局)
スライド2


 図のように、日本には127の地上波テレビ放送事業者があり、どの局も総務省より各圏域での放送権を与えられた事業者です。その放送圏域は、関東圏・関西圏・中京圏を除いて、一局につき一県が基本となってます(岡山・香川や鳥取・島根など二県にまたがる地域もあります)。また、関東圏の放送局をキー局、関西圏・中京圏の放送局を準キー局と呼ぶことがあります。キー局は、TBS・日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京の5局があり、各キー局は全国にテレビネットワークという組織を保有しております。キー局は、ネットワークの協定を通じて、各地方局と主に3種のネットワークを築いています。①番組供給のネットワーク、②報道のネットワーク、③営業のネットワークです。今回は、①の番組供給のネットワークについて言及します。


② 各局の自社番組制作比率
スライド3

 各テレビ局は、その所属するネットワークのキー局からの番組供給でほとんど放送番組をまかなっております。図2を見ると、キー局は自社の放送番組の90%を自社で作成しているのに対し、その他の局は自社制作比率は10%台となっており、ほとんどの番組をキー局の番組からまかなっております。地方局の自社制作番組も夕方やお昼のニュース・情報番組がほとんどで、ゴールデンタイムのバラエティ番組についてはほとんどがキー局制作のものです。
 

 ③番組制作比率の推移
スライド5

 各ネットワークの地方局における自社制作比率の推移を年度で見てみましょう。基本的にはずっと10%台で推移しておりますが、比較的テレビ朝日系とテレビ東京系は低いです。これは、系列に平成新局と呼ばれる平成以降に新設された局が多く、ネットワークとキー局への依存を前提として作られたためだと考えられます。地方でも老舗局の多いTBS系列や日本テレビ系列では、自社制作比率は比較的高いです。